乾燥から肌を守って、肌年齢を保とう!

二十代の頃はスッピンに真っ赤な口紅だけでした。

これが私のお肌のお手入れでした。

今思うとお手入れといっても、洗顔だけで、化粧水も乳液も、メイクさえしなかったですから。

それでも人前に出れたのですから、若さってすごいなと思うと共に無謀だったとも思います。

現在四十代後半で、お肌の悩みは数知れず。

シミ、そばかす、くすみ、目の下のクマ、ほうれい線、肌のたるみ等々、メイク時のカバーにも時間がかかります。

二十代の後半で出産後に日焼け止めクリームを買いに行ったお店の美容部員さんに、スッピンに真っ赤な口紅だけの私を見て
「今はいいけど、10年後、20年後大変なことになるわよ!」
と指摘を受けてから猛省し、遅かれしスキンケアでお肌のお手入れデビューをしました。

結構念入りに、欠かさずこの歳までしてきたと思うにですが、やはり50歳の手前になり肌の衰えは隠せません。

一番の悩みは、ほうれい線が目立ってきたことです。

シミ、そばかすはメイクで隠すことはなんとかできるものの、ほうれい線はメイクで肌を持ち上げることができません。

色々な情報から、ほうれい線は肌の乾燥からくると知り、それからは肌の乾燥対策に徹底しました。

現在のスキンケアお手入れは、固形石鹸を泡立てて洗顔後、たxの化粧水、美容液、乳液、クリームです。

そして最後に美白効果のある、白粉を顔全体と首に叩いて寝ます。

この白粉はもう使い始めて13年めですが離せません!
たっぷり化粧水からクリームの後に白粉でフタをする事で、私の肌は、寝ている間も潤っている状態になりました。

ほうれい線は、消えることはありませんが、肌の乾燥を防ぐ事で、肌全体がふっくらして透明感も出てきたように思います。

ただ、毎日、せっせとお手入れするのが面倒な時には、オールインワンクリームで済ます事もありますが、オールインワンクリームにもこだわりがありまして、化粧下地を含んでいない事です。

なぜならば、就寝前に化粧下地を肌に塗るのは抵抗がありますし、必要ないからです。
必要のないものを塗るのには抵抗もあります。

後は、2週間に一度のペースで、自分でマッサージをする事で肌の血行が良くなり、ほうれい線も目立ちにくくなり、目の下の青いクマも目立ちにくくなって行きます。

何れにしても続ける事が大切だと思い、 無理のないように楽しみながら、お肌のお手入れしています。

これからも年齢に逆らって、何とかケアを続けていきたいと思っています。


PAGE TOP