乾燥対策でしわ、ほうれい線予防

30歳を過ぎてから、肌のしわやほうれい線が気になりだして、このままではいけないと自分なりにお手入れに手をかけるようになりました。

まずはクレンジングはしっかりと。

洗顔も丁寧に。

洗顔後にお風呂でシュクレという砂糖のスクラブの様なものを顔の上に乗せ、あまりこすらず溶けるのを待ちながらゆっくり3分ほどパックします。

その後は水で流すだけ。

それでかなりお肌がしっとりふっくらします。

お風呂上りにはアルガンオイルをブースターに使い、塗りながらほうれい線や目の周りをマッサージします。

時間があれば首やデコルテのリンパもマッサージで流します。

やはり老廃物がたまると顔にも影響すると思うので。

その後は化粧水を3回に分けて付けます。

ずぼらなのでそこは手でやっちゃいます。

本当はコットンで丁寧にしたほうがいいとは思うのですが。

最後に乳液で蓋をします。

乳液も塗りながら軽くマッサージします。

素人なので間違ったお手入れ方法もありそうですが、今のところこの方法でしっとり肌をキープ出来ています。

あと、ほうれい線対策に舌を口の中でぐるぐる回す体操もしています。

右回り十回、左回り十回すると、結構舌の付け根が痛くなって鍛えられてる!という感じがします。

スキンケアと表情筋を鍛える事で多少は見た目年齢を若く保つ事ができるかな?と思っています。

この時期の悩み・・・乾燥肌!

乾燥するこの時期の毎回の悩み。

乾燥肌。

お肌が乾燥するとなんだか痒みが合ったり、触ったりすることでさらにカサカサになったりとなんだか毎年加齢とともにひどくなってるような気がして
それなりに情報収集しました。

今年、試したのは2つ。

ひとつは「ヴァセリン」保湿クリームとしては王道のヴァセリンは成分的にも本当に万能だという事を聞き、化粧水・乳液を一切やめてヴァセリンのみ!
洗顔後、お風呂上りは顔だけではなく全身ヴァセリン!
これまで、いろんな化粧水や乳液を試してきてお風呂上り直ぐは良くても寝るころにはカサカサしてたお肌もヴァセリンを使用してから本当しっとりで翌朝の化粧ノリも良くなってこれは私にぴったり合っていたようです。

そして、もうひとつ始めた事が「甘酒」
始めたきっかけは健康とダイエットですが、お肌と髪にも良いと聞きさすが「飲む点滴」と言われてるだけある。

朝食代わりに甘酒のみにしたとこ、空腹感はそれほど感じずダイエット期間中にありがちなお肌や髪の乾燥感が本当にない。

むしろ潤ってる。

この乾燥する時期に、私のこの状態は本当にあり得ない。

乾燥肌の上、私はクマやシミも気になっていましたがそれも目立たなくなり周りからも「健康そうだね」って言われるようにもなりました。

ヴァセリンと甘酒は私に合っていたようです。

どちらも添加物のない天然由来の物だというのも良いのかもしれません。


PAGE TOP