乾燥とたるみが気になる曲がり角

紫外線のダメージを考え、普段から日焼けしないように気をつけています。

けれども20代前半に肌をいっぱい焼いていたので、恐らくその頃の蓄積と加齢から最近は一気にシミが増えてきました。

それから最近特に気になっているのは、肌の乾燥です。

毎年毎年歳を重ねるごとに、肌の水分が失われ油さえも足りていないように感じます。

化粧水で肌を整えていますが、週に数回は化粧水をたっぷり染み込ませたコットンでパックをしています。

この化粧水パックをした後は、肌が暫くの間ふっくら潤った状態に戻ります。

とはいえ、やはり肌の潤いが継続する時間は短く別のお手入れ方法を模索しなきゃと思案しているところです。

そして、恐らく乾燥によってお肌のたるみがさらに深刻になってます。

裸眼でも肌のキメの乱れや、肌のたるみを観察できるほどです。

たるみによって、ほうれい線や目の下のたるみ、顔の輪郭の崩れなど出てきて、見た目年齢が最近一気に上がった気がしてなりません。

やはり30代に入ってまさにお肌の曲がり角、若さの限界点にきているように思います。

今までとは違った、アンチエイジング効果が望める潤い重視のお肌のお手入れをしていかなくてはと感じています。

乾燥肌で悩んでいます

今の寒い時期に乾燥肌の私にとっては辛い季節になりました。

昔はそうでもなかったと思うのですがここ数年で肌が荒れるような感じになり、頬、顎、唇等顔の全体部分と体の手先、足先がとても乾燥します。

乾燥するからついつい掻いてしまうので余計肌が荒れる悪循環です。

手先は仕事が飲食業なのでどうしても水仕事で手荒れは仕方ないのですがハンドクリームを塗って何とかごまかしてやっています。

足先は冬場は仕事で一日立ち仕事だと足も疲れるし蒸れて汗をかいて痒くなります。

そして知らない間に掻いてしまうのです。

足は出来るだけ自宅に帰ればすぐにシャワーをしてきれいな状態にして部屋では靴下を履かずに過ごしています。

乾燥しそうですがお肌には服や靴下で覆うよりも室内では出しておいた方がいいそうです。

もちろん加湿は必要です。

お肌のためにもある程度の室内の温度と湿気は体や肌に良い影響を与えます。

私が実践している加湿は、高い加湿器を買っているのではなくて、濡れタオルを室内に干しています。

案外これだけで湿度は良い感じに保たれていけます。

タオルは私の場合2枚干して肌の為に湿度を保っています。

あとは就寝前と起床後の洗顔です。

洗顔料は使わずに冬でも水で顔を洗っています。

お肌のためには洗顔等使わずとも水で大丈夫だそうです。


PAGE TOP