乾燥した肌は食事から改善する

私の肌はガサガサというほどではありませんが、水分をあまり感じられない乾燥肌です。

しかしそれはいつもではなく、今日は肌が潤ってるなという日もありました。

そこで私は振り返り、思い当たることを見つけました。

肌に潤いを感じた日は、必ず食事の中で少し多めに油を取っていたのです。

しかし油だからといって揚げ物や油が浮かんでいるようなスープばかり食べていては、体型も太ってしまいます。

そこで私は油の中でも良質で健康的だと言われる油を積極的に取り入れることにしました。

良質な油というのはオリーブオイルだったり、ナッツ類や魚に含まれているそうです。

だからといってそればかり取ることは難しいし、たまには揚げ物も食べたいのが心情です。

なので、できる範囲で食事に取り入れることにしました。

例えば間食をスナック菓子からナッツ類のアーモンドに変えたり、料理で使う油はできるだけオリーブオイルに変えました。

お肉料理が続く前に魚を献立にも入れました。

すると肌の調子も乾燥した感じが少なくなってきて、逆になぜか油っぽいということもなくなりました。

乾燥が気になるというときは外からのケアだけでなく、食事という内からのケアも肌にとってはとても大事だと思います。

乾燥肌の悩みについて。

普段から乾燥肌なのですが、かゆくてたまらないと言うことはありませんが、生理になると、体のあちらこちらがかゆくてたまらなくなります。

私はサプリメントのプレセンタとビタミンC、あと、生理の前後とその時だけ、鉄分をとります。

顔のお手入れで欠かせないのは化粧水をなるべく洗ったらすぐに、付けるようにして、スクワランオイルをつけ乳液をつけます。

身体には、お風呂に入るとき必ず、バブを入れるようにしています。

お風呂から出た後はボディーミルクを付けるように心がけています。

頭皮は冬場特に乾燥するのでスクワランオイルをつけるようにしています。

食生活は、サプリメント以外に毎日続けていることが、青汁を飲むことです。

生活スタイルとしては冬も夏もエアコンを付けっ放しなので、加湿器を夏も冬も付けっ放しです。

以外と分かったことは、冬場より夏場の方が加湿器のタンクの水が無くなるのが早い事です。

この、私がしているケアがあっているかどうかは分かりませんが、化粧水のあと、スクワランオイルをすると、化粧水が浸透してるような気がしやめれません。

スクワランオイルを何日かせずにいると、顔や首元が突っ張る感じとパサパサ感が凄く出てきます。

パックとかした方がよいかな?と思いますが、メンドくなって、ついついサボってしまいます。


PAGE TOP