肌荒れ予防には乾燥対策が必須

個人的に肌荒れの原因は乾燥ではないかと思います。

まず乾燥を防ぐために、スキンケアとしては、お風呂上りには化粧水をつける前にミストの化粧水を吹きます。

お風呂から上がり、体を拭いたり、着替えたりする前に一旦ミストをします。

着替え後、保湿性の高いトロットした化粧水をゆっくり時間をかけて浸透させます。

その後は乳液、保湿クリームと塗っていきます。

就寝前にもう一度保湿クリームを塗ります。

(寝ている間に乾燥するのでこれは必須)
そして、冬就寝の際は必ず加湿器を稼働させています。

また、便秘による肌荒れが生じる場合も多いので、
食事面では食物繊維が多いものを摂取するよう心掛けています。

食べ物だとなかなか同じものを毎日摂取するのが難しいので、
ごぼう茶を食事の際や、のどが渇いた際飲むようにしています。

食物繊維が豊富で便秘にも効果がありますし、
肌の若返り効果や、シミ、しわ予防などにも効果があります。

ごぼう茶を飲み始めてから、
便秘解消はもちろん、肌がワントーン明るくなり、トラブルもなくなったように思います。

市販でも売っていますが、自分で作るとコストも抑えられるし、無添加で作れるのでより体にいいのではないかと思います。

乾燥するお肌のお手入れ

1、普段肌のお手入れはについてですが、お風呂上がりに必ずアベンヌ化粧水をふんわり、お肌にかけて乾燥を防いでます。

それでも酷い時は、ボディーローションを少し使用して乾燥を防いでます。

パックは、炭酸水のパックを使用中です。

使っている化粧品は、ケイトのメーカーを揃えてます。

2、こだわりについては、必ず自分の肌に合うか、テストしてもらってから購入するようにしてます。

それからお肌の弾力性を重視してます。

3、気をつけている事は、肌が弱い人用の化粧水や化粧品を揃えるようにアドバイス頂いてます。

食生活において野菜やお肉を食べますが摂りすぎが、良くないと聞いたのでg?を計って毎日食べてます。

果物も一日一回摂取し外食も控えめになりました。

ファーストフードを食べすぎるとお肌も乾燥しがちになるとアドバイスもらってから控えめになりました。

お肌の影響を考えて夜更かしも肌に良くないので、12時以降の就寝をしなくなりました。

生理前は、必ず冷えを予防するのに夏は、冷房、冬は、暖房を使用するのでお肌が乾燥しがちになるためローションを塗ってます。

睡眠を沢山とる事で乾燥しがちな肌がモチモチしてくれるようになってスキンケアが怠らないように気をつけてます。


PAGE TOP