乾燥肌だからこそ化粧品選びに気をつけて!

乾燥肌だと、日々のメイクが憂鬱になったりしませんか。

乾燥肌だとタダでさえカサカサしていたりするのに、そこに化粧を重ねるとノリが悪かったりピリついたりしますよね。
乾燥肌の人は、お肌に合った化粧品を選ぶことが大切だそうですよ。

乾燥肌の人は、お肌のバリア機能が低下している状態にあります。

ちょっとした成分も刺激になるそうです。

だから、基本的にアルコール、香料、着色料が入っていない化粧品を選ぶ方が良いそうですよ。
お肌に優しいイメージのあるアロマ成分は、使われている成分によっては刺激が強い物があったり、アレルギーが出る事があったりするそうなので、注意が必要だそうです。

また、最近流行のオーガニック化粧品やナチュラルコスメにも、含まれる成分によっては刺激になってしまうそうです。

この様な失敗を防ぐ為にも、化粧品を変えたいと思った時はまずサンプルを貰って試すと良いですよ。
目立たない場所でサンプルを試して大丈夫そうなら購入するようにして下さい。

敏感肌、アレルギー肌の人向け化粧品には、「無添加」「敏感肌用」「低刺激」などと記載されている製品があります。
記載があるから、一律遣っても大丈夫だと考えるのは危険ですよ。

「無添加」「敏感肌用」「低刺激」などの記載がある化粧品は、お肌トラブルを起こす恐れがある成分として表示が義務付けされている防腐剤や界面活性剤など102種類の成分が入っていない製品です。
でも、この102種類の成分以外に刺激を感じる人もいるので、表示を過信せず慎重に選んで下さいね。

「無添加」「敏感肌用」「低刺激」などの記載がある化粧品でも、サンプルを貰って試して見ることをおすすめします。

刺激を感じたら、その都度化粧品を変えるのも一案ですが、色々沢山変えてしまうと一体どの成分が身体に合わないのか判らなくなってしまう場合もあります。

刺激を感じたけど、それほど強くない。
と言う場合だったら、ちょっと使い方を変えて様子を見てみてはいかがでしょうか?

基礎化粧品の場合は、手を温めて押さえ込む様にしてつけたり、重ね付けしてみたり、コットンパックしてみたり。
こうする事で、お肌の症状が落ち着く場合もあるそうです。
でも、改善しない場合は化粧品を変えて下さいね。

体調によってもお肌のコンディションは変わります。
化粧水を多めに付けお肌に水分を与えた状態で軽く乳液でフタをしますが、この時「重いかも?」と感じたら、美容液やクリームを塗らない方が良いかも知れません。

化粧品を選ぶ時のポイントとして、低刺激である点と共に適度な油分を含みお肌を守ってくれる様な化粧品を選ぶと良いそうですよ。

乾燥肌、敏感肌の自分に合うスキンケア商品を見付けられない

最近の肌の悩みは乾燥しやすく、敏感肌であり、いまだに自分に合うスキンケア商品が見付からないことです。

具体的にはできるだけ保湿効果のあるスキンケア商品を使っているにもかかわらず、洗顔後すぐに乾燥し肌がヒリヒリしてきます。

慌てて化粧水や乳液をつけたりクリームを塗ったりするのですがしばらくするとツッパリ感が出てきてしまいます。

そのため保湿効果の高い商品を試すと今度は吹き出物ができたり、シワを目立たなくする商品を使うと皮膚が痒くなったりするのです。

高価な商品を買っても敏感肌のため使用し続けることができず、無駄にしてしまうことも多いです。

そのように試行錯誤の肌の手入れですが、現在のスキンケア方法は朝、香料等を含まない無添加石鹸で洗顔し、すぐに乾燥肌向けのローションをつけます。

以前は化粧水をつけ乳液だったのですが今の薬用ローションは洗顔後そのままつけられる、化粧水と乳液を一本化したようなものです。

その後、オールインワンジェルをつけています。

夜は洗顔前にメイク落としを加えるだけであとは朝と同じです。

ただ今使っているオールインワンジェルは吹き出物ができやすく感じますし、薬用ローションも使っているので、使い切ってなくなったらその代わりに今、少し気になっている保湿クリームを買ってみようと思っています。

乾燥肌は保湿が大切

乾燥肌の私はとにかく保湿に力を入れています。

クレンジングは、オイル系のクレンジングは使わずに、クリームやジェルタイプのものを使用します。

また洗顔も週に2度程度にし、なるべく今ある油分をとりすぎないようにします。

また、洗顔もなるべく保湿力の高いものを使います。

次に化粧水ですが、化粧水の浸透を高めるためにふき取り化粧水を使用し、角質や汚れを取ります。

その後化粧水は少量を何度もつけます。

一度に多くの量をつけると、手のひらに浸透してしまい、保湿されていると思い込んでしまうことが多いため、何度も何度も少量を確実に肌にしみ込ませます。

また、入浴後は肌の水分が蒸発しやすいため、なるべくお風呂から上がった3分以内に化粧水をつけます。

その後、乾燥がよりいっそう気になるときには、パックなどをし、その上からシリコンマスクなどを使用し、蒸発を防ぎます。

20分ほど置いた後は、アトピスマイルクリームなどを少量つけます。
(参考サイト:アトピスマイルクリームの口コミは、〇〇と□□でチェック!

メイク前のスキンケア方法は、必ずマスクをしようし一度肌を潤せます。

ファンデーションを塗ると、肌が呼吸できない状態になり乾燥により、かさつくことがあるため、時間がないときには薄くクリームなどを塗ってからメイクを始めるようにしています。

Posted by admin


PAGE TOP